X図鑑 -巨大生物UMA・UFO-

巨大生物や未確認生物UMAとか未確認物体UFOとかのちょっと怪しいネタを紹介するよ!

魚類

「リュウグウノツカイ」地震の予兆と言われている巨大深海魚

リュウグウノツカイ写真10世界中の海に幅広く生息している巨大な深海魚「リュウグウノツカイ」。

大きさは最大で10~15メートルにもなると言われ、細長く銀色に輝く体と、赤く染まったモヒカンのような鰭条を持っているのが特徴です。昔の人はその独特の姿を見て竜宮からの使いが来たと思い、この名前が付けられました。

深海魚ゆえに、めったにお目にかかれないレアな魚で詳しい生態などは分かっていませんが、まれに砂浜に打ち上げられたり、泳いでいるところを目撃されています。

餌はプランクトンやオキアミなどを食べ、稚魚は海面近くで生活し、成長するにしたがって深海へと移動していきます。続きを読む

ゴライアス・タイガーフィッシュ アフリカのモンスター淡水魚

ゴライアス・タイガーフィッシュ写真01アフリカのコンゴ川水系に生息する、鋭くとがった牙を持つ淡水魚『ゴライアス・タイガーフィッシュ(ムベンガ)』。

体長は最大2m、体重は最大70kgにも達すると言われています。この魚の最大の特徴は、鋭くとがった牙ではないでしょうか。

ピラニアと同じカラシンの仲間で、その鋭利な牙は一度噛み付くと離さないといわれ、人間を襲う事故が何件も報告されています。続きを読む

バガリウス・ヤレリ 悪魔の人食いナマズ

バガリウス・ヤレリ写真01インドでは悪魔の人食いナマズとして恐れられている「バガリウス・ヤレリ(Goonch catfish)」。
インド、タイ、マレーシア、インドネシアなど東南アジアの広い範囲で生息が確認されています。

寿命は20年ほどで、最大3mに成長し、過去には4m・200kgを超える怪物も捕獲されたとか。また、ナマズなのに犬歯状の歯が沢山生えていて、巨大な固体に噛まれると非常に危険です。

生息する場所は、比較的川の流れがある流域で、普段はじっと大人しくしていますが、餌を見つけるとその大きな牙で襲い掛かり、口に入るものであれば何でも捕食します。続きを読む

オヒョウ 4mを超える怪物カレイ

オヒョウtop

ベーリング海、北極海などの冷たい海に生息する巨大なカレイ「オヒョウ(Halibut)」、水深400m~2000m付近の大陸棚に生息し、北海道でも稀に捕獲されます。

通常1~2mですが過去に捕獲されたもので最大4mを超え、重さは300kgにもなった固体がいたとか。また、その大きさと筋肉量が多いため力がものすごく、釣り上げた巨大オヒョウの尾が釣り人に直撃し死亡した例もあります。そのため、大きなオヒョウは船に揚げる前には棍棒やライフルで息の根を止める事が必要なようです。

続きを読む
カテゴリ
巨大生物 UMA・未確認生物 UFO・未確認飛行物体 謎・不思議な現象 危険生物象 危険生物象
最新記事
  • ライブドアブログ