WS106ロシア中部のチェリャビンスク州で、現地時間15日午前9時、隕石が白い煙を残しながら落ちていくのが撮影されました。

ロシア非常事態省によりますと、隕石は落下中に強い光を発しながら爆発して、空中でバラバラになったということです。

ロシア内務省によりますと、この衝撃で、広い範囲にわたり、学校をはじめ建物のガラス窓が割れるなどして、これまでにおよそ500人がけがをし、このうち20人以上が入院しているということです。

スポンサードリンク

現在地球には直径45メートル、重さ推定13万トンの小惑星「2012DA14」が接近しています。地球には接触しないとのことですが、この映像を見る限り、もし小惑星が地球にぶつかってしまうと相当な被害が予想されますね。

ロシアに落下した隕石の鮮明な映像その1 スロー&ズーム



ロシアに落下した隕石の鮮明な映像その2 スロー&ズーム



ロシア 隕石落下の衝撃で窓ガラスが割れる瞬間 爆発音注意


スポンサードリンク