アハイア・グランディ写真01ブラジル、アルゼンチンなど南米に広く分布する巨大な淡水エイ「アハイア・グランディ(Ahaia Grandy)」。
通常の大きさは1.5m程ですが、最大のもので長さ2.5m、重さ350kgにも達すると言われています。

正式に記録されているサイズは最高2m、重さ300kgが登録されていますが、現地の漁師によるとさらに巨大なものが居るとのことです。

実際、巨大なアハイア・グランディを捕獲しても漁師の場合、すぐ解体したり、記録に残さない人も沢山居るでしょうから、記録以上の巨大な固体が居ることは十分考えられますね。
スポンサードリンク

アハイア・グランディとはポルトガル語で巨大なエイという意味で、他にもシッポが短いことから英名では 「ショートテイルド・リバー・スティングレイ (Short tailed river stingray )」短い尾の淡水エイとも呼ばれています。

大きくなることに加え、その独特の模様などから一部の淡水エイマニアには人気があるようで世界中で飼育されています。もちろん日本にも輸入されていて飼育する環境さえあれば誰でも飼うことが出来ます。

アハイア・グランディ写真と動画を紹介

アハイア・グランディ写真02

アハイア・グランディ写真04
シッポのトゲには毒があり刺されると危険。

アハイア・グランディ写真05

アハイア・グランディ写真06
重さ220kgの固体。体の厚みもすごそう。


River Monsters- Battling a River Stingray

アニマルプラネットの人気番組「リバーモンスター」でジェレミー・ウェイド氏が釣り上げたアハイア・グランディ。

データ
呼び名 : 「アハイア・グランディ」「ショートテイルド・リバー・スティングレイ」「Ahaia Grandy」「Short tailed river stingray」「Potamotrygon brachyura」
分類 : トビエイ目・アマゾンタンスイエイ科・ポタモトリゴン属
生息地 : ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ

ステータス(5段階)
巨大度    ☆☆
危険度    ☆☆☆
インパクト度 ☆☆
捕獲レベル  ☆☆


スポンサードリンク