X図鑑 -巨大生物UMA・UFO-

巨大生物や未確認生物UMAとか未確認物体UFOとかのちょっと怪しいネタを紹介するよ!

1万3000年前から存在する謎の衛星 通称「黒騎士」

黒騎士 (4)この謎の衛星の存在が確認されたのは1920年頃だと言われています。もちろんその時はまだ人類には衛星を打ち上げる技術力はありません。人類初の人口衛星は1957年にソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号だとされています。

天文学者のダンカン・ルナン氏がこの謎の衛星を調べたところ奇妙な電波を発していることがわかり調べてみると、星図であることがわかりました。

そして、その星図の星の位置を計算すると約1万3000年も昔のものだと判明したのです。ルナン氏はこの謎の衛星が太古の昔から地球軌道上を周回しているのでは、と結論づけました。 続きを読む

奇妙な雲の近くに2機のUFOが撮影される

奇妙な雲とUFO (1)2015年1月、アメリカのニュージャージ州に住んでいる男性がふと空を見上げると、今まで見たこともない形をした奇妙な雲に気付き、持っていたiPhoneで撮影しました。

撮影時、彼は2機の球体には気付きませんでしたが、家に帰りPCに画像を保存してみるとそこには正体不明の飛行物体が写り込んでいたのです。

海外のUFOフォーラムなどでは、雲の中に巨大な母船型のUFOが隠れていて、2機の球体はそこに向かっているのではないかと分析しています。 続きを読む

凄い物を丸飲みにした巨大アナコンダが見つかる

巨大アナコンダ丸呑み画像凄い物を丸飲みにした巨大アナコンダが見つかりました。
詳しい場所や日時は不明ですが、かなり大きなアナコンダだと思います。

アナコンダが生息している現地では大きなものは見つかり次第殺されることが多いので生息数は減っているそうです。

巨大なアナコンダが人間や家畜を襲う例はありますが、こんなものまで丸呑みにするとは思いませんでしたね。 続きを読む

月で発見された女性のミイラ 通称「モナリザ」「かぐや姫」

月面ミイラモナリザ画像 (1)今回は、月面で見つかった女性のミイラを紹介します。
ことの発端は、アポロ20号までの計画に携わった元NASA職員ウィリアム·ラトリッジ氏からのリーク情報だと言われています。

アポロ計画は表向きには17号までしか公表されていませんが、秘密裏で20号まで進んでいたのだそうです。アポロ15号が月の裏側にある謎の宇宙船を発見したためそれを調べるために秘密にしていたとのこと。

月面アポロ15が見つけた宇宙船そして1976年、アポロ20号のクルーが月面の宇宙船を調査し、内部で女性のミイラ化した2体の遺体を発見しました。ミイラは身長約165㎝、黒髪、指は6本あったそうです。


続きを読む

アルゼンチン 生放送ニュースでUFOが撮影される

アルゼンチンニュースUFO画像アルゼンチンでニュース番組の生放送中に、UFOらしき飛行物体が偶然映り込み、海外で話題になっています。

放送日は2月28日で、3人のニュースキャスターが話をしている後ろ、街の上空を飛行するUFOの姿がはっきりとキャッチされ、多数の視聴者が気づいたそうです。

飛行物体の形を見ても、飛行機や鳥では無いようですし、飛んでいるスピードを考えると飛行ドローンでもなさそうですね。現在、YoutubeなどにもUFOが飛行している動画が沢山アップロードされています。
続きを読む

インドで謎の空中爆発 付近で正体不明の金属片が見つかる

インド空中爆発0012月27日、インドのケラーラ州で謎の空中爆発が起こりました。
付近の住民の証言によると、夜10時頃に突如上空で、青白い巨大な爆発があったといいます。爆発はかなり広範囲で確認されていますので相当大きなものだということがわかります。

爆発のあった付近では、畑に火の手が上がり、爆発音と火災で住民は一時パニックになったとのこと。現地のTVニュースなどでも大きく取り上げられている様子。
続きを読む

カナダでUFOが墜落したとの情報がリークされる

カナダUFO墜落topカナダのマニトバ州にあるウィニペグ湖でUFOが墜落したとの情報がリークされたようです。
墜落現場の近くに住んでいる、Brent Mancheese氏によって撮影された一枚の写真。そこには円盤型の何かが氷の中に埋まっているのが収められています。

現地の方のSNSによると、夜中、轟音とともに眩しい光が多数の住民に目撃されていて、すぐに軍関係者が光の向かった先へ急行したとのことです。後に、カナダ軍が軍事演習の事故だと発表したようですが。
現地では厳戒態勢がひかれ、住民がそこへ向かうことは許されなかったと語られています。

続きを読む

準惑星ケレスに正体不明の光が出現 天文学者も困惑

ケレス謎の光001火星と木星の間に位置する準惑星ケレス。そのケレスに正体不明の光が出現し天文サイトや、UFO系のオカルトサイトなどで話題になっています。

このケレス、実はかなり昔から知られていました。1801年に発見されローマ神話に出る女神の名前を授けられ、セレス、ケレースなどとも呼ばれています。ちなみに小惑星番号は1番です。

この程、探査機ゴーンがケレスに到着し観測を始めたところ、謎の発光現象が起こっていることが確認されました。天文学者も光る理由は分かっていないようで、以下のように予測されています。

「氷に光が反射しているのでは? 」 「地下から湧き出る化学物質が発光しているのでは?」

ただ、海外のUFOサイトやオカルト系サイトなどでは、

宇宙人の基地に間違いない」「UFOの巨大マザーシップだ


映像を見る限り、ケレスが回転している時も発光は続いています。氷など光の反射であれば、明るく見えるのは一部分だけとの指摘も報告されていました。 続きを読む

月面着陸は捏造だった? 陰謀説の元となった証拠いろいろ


月面着陸-偽装陰謀画像001アポロ計画とは、アメリカの航空宇宙局(NASA)による月面有人飛行計画のミッション名で、1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功したと言われています。

その中のアポロ11号は、1969年に史上初めて人間を乗せ、月面に着陸した宇宙船とされています。
しかしその影で、実は捏造だったのではないか?撮影された場所は地球ではないか。との陰謀説も根強く残っているのも事実です。
その他にも、月面に到着したのは事実だが、衝撃的な物が月面にあったため本物の映像は使えなかった、との説もあります。

アメリカの世論調査によると約20%の人が、アポロは月面には行っていない、または怪しい、とのデータがあります。
昔から大衆の関心事になっている月面着陸陰謀説。今回は、そんな捏造の証拠だと言われている物をいろいろと紹介したいと思います。

続きを読む

またしても火星でエビのような生命らしき物が発見される

火星 生命エビ画像001またまた火星で生命のような物体が見つかりました。
火星探査機ローパーが撮影したもので、こんかいは大きなエビっぽいものが写っています。

画像はNASAが公開しているもので、だれでも観覧可能になっています。
http://mars.nasa.gov/mer/gallery/press/opportunity/20040401a/Sol60B_P2218_L256-B067R1.jpg

このエビっぽいものは、地面に線が確認でき後ずさりしているようにも見えますね。
続きを読む
カテゴリ
巨大生物 UMA・未確認生物 UFO・未確認飛行物体 謎・不思議な現象 危険生物象 危険生物象
最新記事
  • ライブドアブログ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank